高校受験!親子の奮闘記録

高校受験までの出来事の記録です

高校受験までの不定期更新ブログ

もうすぐ3者面談。

こんばんは。あまのじゃくZです。中間テストもおわり、V模擬、W模擬、駿台模試などそろそろ受ける時期だと思います。10月からは自公作問題模擬中心になります。内申は44~45で突入したいと思っています。不得意な国語もテコいれし始めます。(※平均して60~70点以上とれるように)また、推薦も受験するだけでは意味がないと思うのでこれもテコいれし始めました。そんな状況の中で、期末テスト対策です。中間テストは総合点で校内3番目のようです。また、何とか英検準2級にも合格し、漢検、数検も3級までぎりぎり間に合いました。内申で「5」とれないとしたらたぶん、音楽です。過去問もさわり始めています。さて、受験戦略です。テスト慣れのために、私立>滑り止め私立>2番手私立>本番都立しかしながら、国立も興味があるので確定はしていません。もうすぐ3者面談ですが、中学校の先生は安全な高校を勧めてきます。当然、中学浪人だせませんので。先生もサラリーマンです。当然の行為だと思います。がしかし、子供の夢はそんなことで潰すわけにはいきません。その時に、先生が納得するようなことを伝えられるように、いままでの模試の結果や塾での判定、取得資格など伝えましょう。先生は生徒の一部しか見ていないことにきづかれると思います。ま、それでもいいがかりとしかいえないような説得には断固として拒否するべきです。そのためにも、本人と親がしっかり情報共有してあたることが大切だと思います。合格の二文字のために、子供も頑張っていますが、親も頑張るべきです。くれぐれも内申てなんですかとこの時期になって聞くようなことのないように。



































×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。