高校受験!親子の奮闘記録

高校受験までの出来事の記録です

高校受験までの不定期更新ブログ

12/4 仮内申に戸惑いながらも、前に進め!

こんばんは。zです。仮内申43に決定後、本日、先生に希望高校を伝えました。
前の生徒と保護者の面談が長引いていて、15分遅れで始まりました。
まず、S高校>推薦自校作高>併願優遇T高>MM付属校>本命自校作高になります。
実際は、安全校で仮内定を個人面談でいただきました。この時の持参物が、仮内申(口頭)でOK・V模擬に2回分です。さらに、高校所定の書面に学校での出欠や偏差値なども欠かされました。その後、本人の個人面談➡保護者の面談で、面接官➡上司?に確認に行きOKをもらってきましたと口頭で言われ、高校の面接する先生から名刺をいただきました。ここでいいのは、学校に支払うべき費用の多くが学校もちで通学できることです。これには正直ありがたいです。子供もこれで、思いっきり自校作高の試験勉強に専念できます。残り約80日になりますが、偏差値を70まで上げることが目標です。モチベーションを持ち続ける事、お正月やクリスマスなど誘惑が満載の季節になりますが、家族一丸となって頑張りたいと思います!先に看護学校入学が決まった長女は来年、2月からロサンゼルスに約1か月間身内の自宅に遊びに行くようで、少し寂しくなりますが、他国の文化に触れてみることはいいことだと思うので行かせることにしました。本人が行きたい高校に行けることが一番だと思いますが、親としては国立大学につながる環境のある高校に是非いっていただきたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。